fc2ブログ

Specialty No.4 停車場線都道府県道

 6月以来久しぶりに「Specialty」カテゴリに記事を書いてみた。

 今回は、私のサイトのコンテンツの中で恐らく半数ぐらいを占めるだろう「停車場線」都道府県道に焦点を置いてみる。

 「停車場線」は基本的には駅前と上位路線を結ぶ役割を果たす都道府県道で、鉄道駅に様々な個性があるように停車場線にも様々な個性がある。

 元々はトレースが楽だからという理由で私が着目した題材なのだが、レポート本数を稼ぐうちに駅前歩きの一環として楽しむようになってしまう。都道府県道の香りが全くしない路線、律儀に標識が置かれている路線、滅茶苦茶短い路線、国道切替や路線再認定の影響で長くなった路線、広々とした幹線道路、あぜ道に毛が生えた程度の道路、、、と色々な趣を見せてくれる停車場線。
 
 以下、ちょっとした前置きの後、主に当サイト初心者の方におすすめしたい路線を幾つかピックアップする。

 記事が長いので、ここで一旦カット。
 まず1つ注意していただきたいのは、弊サイトで言う「停車場線」の定義である。
 基本的には「~~停車場線」(例:札幌停車場線、旭川停車場線・・・etc.)で路線名が完結する路線を「停車場線」として総称している。主な理由としてはこうした路線名の都道府県道は殆どが主要停車場と都道府県道以上の道路を結ぶ所謂「駅前通り」路線であり、

 ・駅前が起点
 ・短い延長
 ・上位路線との交点で終点


 という特徴を共有しているためである(ただし路線の形態が多様で例外的に長い路線もある)。

 また、こうした都道府県道の多くは道路法第7条第1項第5号により認定される路線である(港線、空港線、インター線なども同じ)。参考:都道府県道認定の規定-起終点と用語 /おくとん様「道道資料北海道」

 「~~停車場線」という路線名に関しても色々コラムがあるが、それについては割愛する。また、「~~停車場線」以外の形でも、実質「~~停車場線」と同じ機能を果たす路線もあるが、そうした路線も(やや例外的であるが)弊サイトでは「停車場線」の範疇に入れることにしている。

 前置きが長くなってしまったが、本題。

 まず最も一般的なタイプの停車場線について。

 北海道道333号遠軽停車場線
 333005.jpg

 この路線は「最寄りの国道に一直線」という標準的な形をした路線で、全国津々浦々色々な駅前通りに当てはまる。遠軽の場合は町レベルなので道路は2車線だが、主要地方道クラスの停車場線となれば4車線だったりそれ以上だったりする。
 標識があればいいが、標識がないとちょっとつまらない。交通量が少ない路線なら徒歩撮影も容易。

 次の路線は、旧国道を含む路線。
 弊サイトでは数が少ないが、静岡県道107号網代停車場線 を代表例とする。

 107006.jpg

 旧国道を含む停車場線は市街地を行き来する交通があり、交通量が多い上に古い道なので歩道などが充実しておらず、しかも延長が1kmを超すこともあるため徒歩撮影にはひどく向かないという難点がある。

 次に、停車場線にしては長い路線。

 当サイトで特に例を挙げるなら、長野県道195号信濃境停車場線とか。

 195013.jpg

 この路線は台地上にある中央本線の信濃境駅(標高924m)から谷あいにある国道20号(標高727m)まで2.7kmの間ひたすら下り坂である。そんな地形ゆえ集落を一旦離れるという路線変化も特徴的である。
 この路線の撮影は駅スタートで県道を往復したのだが、高低差が激しく軽いハイキングレベルだった。

 これ以外にも、北海道道329号新旭川停車場線など、旧国道区間をもたないにも関わらずなぜか終点の遠い停車場線はたまに存在する。

 次に、路線形態は普通だがひなびた路線。
 代表例としては北海道道302号雄信内停車場線

 302011.jpg
 
 沿線に廃屋と廃墟跡が点在する道北の停車場線は、とにかく静けさに包まれていた。

 もう1つ、年季の入った標識が印象的な北海道道445号紋穂内停車場線

 445101.jpg

 私はこの道道を2008年と2015年の2度訪れた。とにかく年季の入った標識と駅舎が印象的な場所であった。

 次に、他の県道と完全重複しているにも関わらず路線として現存するステルス県道。
 静岡県道104号来の宮停車場線
 104003.jpg

 この路線は上位路線の主要地方道と完全に重複しており、実延長0mという姿形無き県道となってしまっているが、なぜか廃止されずに残っている。ちょっと不思議だ。

 また、停車場線都道府県道は基本的に駅が廃止されても路線が廃止されないため、「停車場なき停車場線」もある程度存在する。弊サイトではそうした停車場線のレポートをまだ公開していないが、撮影済の路線がある。

 例えば、北海道道643号鬼鹿停車場線
 P6211477.jpg

 この写真はかつての羽幌線鬼鹿駅前、つまり起点に建っている標識を終点方向に撮影したもの(背後に駅跡地がある)だが、周囲に鉄道の痕跡が乏しく羽幌線の事前知識のない人が見ると市街地内で唐突に道道が始まるように感じるだろう。

 ・・・とまぁ停車場線はとにかく色々ある。
 本当に色々ある。

 これを面白いと思うか、結局短小路線だからつまらないと思うかは人によって異なるだろう。
 ただ私としては、(データ蓄積が楽な一面もあるので)長距離路線のレポート執筆の合間を縫ってもっと沢山の停車場線都道府県道をさくっと紹介していきたいと思う。

 と、停車場線概論的な紹介記事でした。長かったかなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pimabu

Author:pimabu
ある学生の趣味中心のブログ。スペル違いの語をひっくり返しただけの無意味な場所ですが、読んでいただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR